犬の本能まとめ

犬の主なたくさんあり、大きく分けて7つ分かれています。権勢本能・警戒本能・持来本能・自衛本能・捜索本能・遊戯本能などがあり意外と難しい泊まりますが簡単ですよ!まず1つ目は権勢本能ですが結論から言うと権勢本能が動いてしまうと家族にいうこと聞かなくなったりします。それは何故かというとリーダに立とうとする本能なので群れにリーダーガイないと思うと自分がリーダーになって群れを守ることがあります。よくしつけがなってなかったり、飼い主の言うこと聞かない場合は権勢本能が動いている場合があるのでなるべく制御してあげないということ聞かないので注意をしましょう。もう一つは鉛を守るために警戒してワンワンと吠えたりする場合があります。よく呼び出し音なので泣いたりするわんちゃんがいますがそれは警戒本能が働いている時です。防衛本能は警戒心が強い犬に多く見られます。例えば自分の家を守ろうとしたりして攻撃を取ったりやわんわんと吠えてしまうこともあります。遊戯本能はたくさんの犬の中に群れて自然に知能や体力を備えて優勢関係を学習することです。イヌなどはほとんど吠える威嚇するなどは,本能で生きているので信頼関係がものすごくよかった場合はホエタリ威嚇するなどの行動が取りませんが信頼関係があまり良くない状態だと吠えたり威嚇したりするのでそのようなことに悩んでいる方はまず犬との信頼関係を築いたほうがよいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です